あなたの腰痛、本当の原因に向き合う勇気ありますか?

この記事は1分で読めます

南日本新聞の健康のコラムに
腰痛についての興味深い記事がありました。

東大・松平弘准教授によると

医学的に、診察や画像診断(レントゲンやCT、MRIなど)
で原因が特定できるものを「特異的腰痛」

原因がよくわからないものを「非特異的腰痛」
と呼んでいます。

非特異的腰痛と病院で診断されたら、画像診断の結果は忘れた方がいいそうです。

安静は逆効果で適度な運動やストレッチが有効だそうです。

非特異的な腰痛は、脳機能の不具合が絡んでいる可能性があり、
痛みを和らげる脳内物質の分泌が強い精神的なストレスで
抑えられているそうです。

もりの治療院では、原因の特定できない腰痛に対して
独自の、心理カウンセリングや潜在的にもっている無意識の
反応を調べて、整体やリンパマッサージ、鍼灸などの
総合的な治療により、あなたの心と体の両面から

ひとり一人真剣に向かい合っています。

そのために、1日6人限定です。

あなたが、ご自身の体の価値を大事にされ、
「本気で根本から改善したい」「施術のレベルが低いところは不安」
と感じておられて、健康で幸せな笑顔の生活を送りたいと考えておられるなら、
今すぐお電話ください。

当院は【予約優先制】で、1日に6人しかお受けできません。
ご予約の際は、<電話0995-45-8784>まで、

ブログを見たとお電話ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 10.29

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。