もりの治療院ブログ

院長プロフィール

図師 修 プロフィール

 

 

 

もりの治療院院長

一般社団法人 日本変身ビューティ協会 代表

 

 

1967年鹿児島県国分市に生まれる。

鹿児島高等専門学校在学中、夜な夜な先輩方のマッサージをさせられていたが不思議と嫌ではなく、“治すこと”に興味が湧く。

卒業後、半導体関連会社に就職。当時はまだ専門技術者が少なく、とても重宝されていた。

 

在職中に“デザイン修行”の名目で一年ほど休暇を取り世界中を回る。その実、学んでいたのは東洋医学を初めとした治療の道であった。

 

29歳で結婚。が、転職していた当時の勤務先が倒産。

 

これを機に念願であった治療の道を究めるべく、往復2時間をかけて鹿児島市の鍼灸学校へ。

 

3年後国家資格を取得、整形外科や整骨院、治療院に勤務しつつ臨床技術を磨く。

 

治療の現場を見続けるうち、保険診療の限界を感じ開業を決意。

 

平成20年「百利音(もりの)治療院」を開業する。

 

約8割が女性のお客様。そこではボキボキと痛い治療ではなく、寝入ってしまうほどの心地よい施術がなされ、今ではマッサージを本業とする方も。一人一人の状態に合わせたオーダーメイドの丁寧な施術。その積み重ねで得た技術と信頼のなせる業である。

 

「治す」を学ぶためならどこへでも。インドやヨーロッパでアロママッサージ、中国で鍼灸の古典、アロマオイル、リンパドレナージュ、気功や太極拳に至るまで、ありとあらゆるセミナー、学会、書物、師から学び寝食を惜しんで研鑽に励んできた。

 

延べ5万人以上を施術し続けて知識や技術だけでは治せないものがあると感じ、さらに意識やエネルギーの世界にまで学びを深める。

 

2015年、これまでの学びすべてを体系づけた「変身ビューティ協会」を立ち上げ、心と体と魂、すべては一つであるという”意識医学“を提唱。そこで伝えるのは五感全てを使った、患者本人の『治る力』を”楽しく“引き出す治療法である。

 

いずれは「変身ビューティセラピスト」を国家資格にしたいという夢が。より多くの女性を笑顔にすることで、世界を変えることができると思っている。

 

 

二人の娘のことになると、途端に心配性になる。

 

電話ではいつも女性と間違えられるほど柔らかな声と語り口。

 

プロフィール取材作成 細田かおり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

PAGE TOP