“やさしさ”でまじめに治す治療があります

この記事は3分で読めます

おもいやりビデオと治療コースの紹介

“やさしさ”でまじめに治す治療があります

あなたの大切な人が 痛みやストレスで苦しんでいませんか?

※音声が出ます

ご覧になったビデオは、病の為に すっかり元気のなくなった大切な家族へ宛てた

メッセージビデオのサンプルです。

もりの治療院には、今までに、

★ お父さんが亡くなってから、   お母さんがすっかりふさぎ込み、

あちこちの痛みの事ばかりしか話さなくなった。

★ 子育てや家事に仕事に追われる妻は、

片頭痛や肩こりでいつもつらそうにしている。

★ 娘が仕事のストレスからか?

足のむくみや全身のだるさで、

休みの日は、家で寝てばかりいる。

★ 職場の大切な同僚が、

ストレスで、いつも、頭が痛いと言っている。

そんな辛そうにしている家族を見かねて、

連れてこられる患者様がたくさんいらっしゃいました。

何とか元気に、笑顔を見せてほしいと思って連れと来られます。

そして、治療後、たくさんの、よろこびの報告をいただいております。

そこで、もりの治療院では、  痛みや悩みに苦しんでいる方を

素敵な笑顔に変えるお手伝いコースを作りました。

 

もりの治療院でお手伝いさせていただく3ステップ

1.あなたの大切な人への簡単なメッセージビデオを

私が作らせていただきます。

2.ビデオはメールで、あなたの大切な方に見れる形(Youtube)で送ります。

3.ビデオを見られた後で、もりの治療院の

スペシャル治療コースを1回処方いたします。

※ 治療は、十分なカウンセリングにより、あなたの大切な方の   希望をうかがった後で最適な治療を一緒に考えさせていただきます。

ビデオ制作の為、事前に

準備していただくもの

1.思い出の数枚の写真

2.手紙やメッセージ

3.写真にまつわるエピソード

4.相手の方が一目で気づくアイテムや写真

(ぬいぐるみ、お気に入りの場所、キャラクター、など)

5.メッセージビデオを送るあなたと相手の方のメールアドレス

 

ビデオは、院長の私自身が直接、編集にたずさわります。

あなたの大切な方への”思い”を伝えられる様に、 精一杯作らせていただきます。

ただ私は、治療と一緒で、不器用なので、 日常の治療の合間をぬって あなたの気持ちを伝えるビデオを たくさんは、制作出来そうにありません。

そこで、初回モニターの数を3人に限定させていただきます。

価格は通常価格

18,700円 で提供する予定ですが、、、

一つだけ大切なお願いがあります。

この治療コースは、あなたと、あなたの大切な方との、

絆や信頼による”思いやり”の気持ちが、 エネルギーとなり、

お互いに笑顔になっていただく試みの治療コースです。

 

そこで今回は、治療を受けられる方が、あなたにとって、

「どんなことを感謝していて、どんなに大切であるかなどの思いを、

私にメールで、送ってください」」

あなたの”思い”その力によって、 最終的な価格は、

もりの治療院の独自の判断基準で決定し、

あなたにお知らせいたします。

熱いメッセージにおもわず30パーセント以上の

値引き価格にしちゃうかもしれない(ニコリ)

もりの治療院に、ぜひ、あなたの大切な方の痛みやストレスから、

笑顔で過ごせるようにお手伝いをさせください。

最後に、もう一度確認します。

1.あなたからの、”思い”をつづったメールにより、価格をお知らせします。

2.もりの治療院に、思い出の写真や、手紙などを持ってきていただき、

メッセージビデオの制作のために、あなたを取材します。

必要なら、あなたの写真やビデオを収録します。

3.完成したメッセージビデオをYoutubeにアップさせてもらいます。

3.完成したメッセージビデオのYoutubeアドレスを、

まず、あなたに送りますので  確認していただき、

ビデオの手直しを、必要なら1回だけ受け付けます。

4.メッセージビデオの確認が済んだら、あなたの大切な方に、

メールでYoutubeのアドレスを送り、見ていただきます。

5.事前に予約していた日に、治療を受けていただきます。

※「おもいやりビデオと治療コース」は、

あなたと私、あなたの大切な方との、いわばチーム行動です。

スムーズに進行するようにご協力をお願いします。

お問い合わせは、

「思いやりビデオの件で、、、」とお電話ください。

TEL 0995-45-8784

info@morino184.com

もりの治療院

代表 図師 修(ずし おさむ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。